今更なのでぶっちゃけちゃいますが、うちの主人の浮気行為

今更なのでぶっちゃけちゃいますが、うちの主人の浮気行為は、一時の気の迷いなんかではなく、まさに芋づる式でした。それも私と結婚する前から、学校の後輩や同僚に、クラブの人や主婦まで、本当に見境がないんです。今さら知りたいとも思いませんが、浮気癖は直らないって言いますよね。妻もいるのに、無責任にも程があると思いませんか。
謝られてもこれから一緒にいる気力というのがなくなってしまって、別居するくらいなら離婚のほうが良いと考えています。
パートナーとその浮気相手を別れさせるためには、浮気の証拠をしっかり掴んで、慰謝料としてある程度の金額を請求するのが驚くほど効果があるそうです。
不倫の相手のほうでは考えなしにやっているというパターンが多いです。慰謝料を求めることにより、不倫の罪や現実を思い知らせることができるでしょう。
どこからどこまでが浮気扱いになるのかというと、それぞれの価値観や倫理で違いがあるようです。「私より他の女性を優先した」とか少しでも体が触れ合う(あるいはどちらかが触る)と浮気と言う人も、いないわけではないです。実際、浮気については現代の法律でも定義があって、性的行為があれば「不貞」となります。まあ、結婚生活に波風を立てないためには、いかにも浮気ととられかねない行動はするべきではないです。
たとえ調査内容が同一でも、浮気調査の代金は探偵社次第で結構な違いがあるようです。最初に連絡をとった会社に依頼する人が多いですが、あらかじめ複数の業者に見積り依頼しておく方が、料金だけでなく会社の雰囲気も分かって良いと思います。あと、ちょっとしたコツなのですが、調査する相手の情報をあらかじめ調査員に細かく教えておくと、調査時間の短縮になる上、調査費用が安くつくことは言うまでもありません。
探偵社に相談するにしても、見ず知らずの相手に対してはちょっと気がひけますよね。
本名を名乗るのが怖いというのであれば、実名を伏せた相談に対応している事業者も存在します。
まずそのサービスを利用して話を聞いてもらい、信用のおける業者であることがわかってきたら、個人情報を明かすようにするといいでしょう。持ち歩いていて何かと便利なスマホ。しかしそれが元で配偶者に浮気がバレてしまったというケースが増加しています。スマホは何でもできてしまいますが浮気もしかりで、SNS履歴やメール、フリーメールあたりに不貞行為の一部始終が残されている可能性は高いです。
わざわざロックしてあったりしたら、十中八九、浮気の証拠がそこにあると思っていいでしょう。
探偵社の調査員になって5年目ですが、最も依頼が多いのが不倫調査です。しっかりした裏付けを得るにはカンやコツのようなものもありますが、習熟も不可欠だと思います。
地道といいつつも予想外の出来事は多く、速やかに対処する判断力も大事です。なにより、対象人物に浮気調査がバレてしまうことが問題で、発注者の安全と利益を損なわないよう、常に細心の注意を払うことは常識です。
対象者になった経験のある人の追跡は、さらに注意が必要です。
結婚相手や婚約者の不倫に気づいた女性が調査のために探偵を雇うというシーンって、ドラマでもしばしば見かけたりします。
素人が探偵と一緒に行動するシーンもあって、真似くらいはできそうな気がしますが、実際には、相手(関係者含む)が疑わないよう追跡したり写真を撮影することは、経験が物を言う仕事です。先方にバレては余計なトラブルに発展しかねませんし、最初から探偵に任せたほうが、依頼者にとっても安全です。
探偵も企業である以上、調査をしてもらうときは料金がつきものです。
同じ調査でも調査員の業務内容により、支払い額が変わってきます。
素行調査ひとつとっても、短時間で済む場合もあれば、その逆もあり得ます。それだけでなく、深夜、早朝、昼間といった時間帯でも料金に差は出てくるので、調査を行う時間が長ければ、それだけ多くの費用を必要とします。
同じ勤務先内での不倫は、やはり多いものです。
しかも、事実が判明したところで、パワハラによる不倫交際の強制などでもなければ、私生活上の問題では解雇することはできないのが現実です。
とはいえ、就業規則上の、公序良俗、および社内秩序、風紀等を乱す行為といった箇所に触れているということで、懲戒処分に相当しますが、現実的には口頭注意ぐらいで、具体的な処分はないまま曖昧に済まされることが多いです。
不倫の行き着く先って色々ありますよね。浮気の事実が知られ、仮面夫婦を続ける人もいれば、離婚したり、慰謝料や養育費の支払いで再婚もままならない場合も当然あるでしょう。
また、元の鞘に収まったり、浮気を成就させて(?)結婚したりする場合もあります。
どういうルートを辿ろうと、めでたしめでたしと言えるエンディングは、期待するだけ無駄です。
これから探偵業者を使おうと思ったら、ひとまず電話をかけて話をしてみることからスタートです。電話を通した相談で感触が良く、もっと詳しい話をしてもいいと判断したら、営業所に行きます。
その場で打ち合わせをして依頼することを決めたら契約書にサインして、実地での調査が始まるでしょう。
探偵社で働くには特別な資格は必要としません。
その代わり、不貞行為の調査などで成果をあげるには、慣熟したスキルというものが必要です。スタッフの育成に余念がない会社もありますが、ひどいところでは調査の現場にほぼ素人のアルバイトさんを投入していることもあるみたいですから、注意が必要です。費用対効果があるプロフェッショナルが担当すること。それが、成果につながるのは言うまでもありません。
配偶者の浮気がわかったときは、誰だって頭の中が混乱するものです。
でも時間の経過と共に冷静になってくるはず。そのときは、浮気に対してどのように臨んでいくか考えましょう。そもそも不倫は、道義上許されない行為です。
気持ちの上ではわだかまりが残るとは思いますが、これまでの精神的な苦労への慰謝料を請求するのは、配偶者として当然の権利です。
興信所や探偵を利用する事由の大半は、浮気の行動調査ではないでしょうか。
ちょっと気にかかることがあるから、浮気の有無をとりあえず調べてほしいとか、離婚裁判の証拠として採用されるような報告書が欲しいといったケースなど目的に合わせた調査を行うので費用の無駄がありません。不倫相手から慰謝料をとるつもりなら、確実な裏付けが必要ですから、専門のノウハウがある探偵を頼むのが最良の選択だと思います。
不倫や素行調査を依頼すると費用がかかります。気になるその支払いについていうと、名のしれた大手探偵社等では分割払い(クレカかローン)が可能という会社もあるようです。すぐ不倫の調査を依頼したいのに、一括で払うのは難しいというときは、分割OKの事業者を最初から選ぶのも良いかもしれません。
世間的には離婚した際、浮気していた側は子供の親権を取得するときに不利だと思われているみたいです。
ただ、それは思いこみ的なものも大きいように思えます。裁判上の親権の判定では、日常生活を共に送れているかや育児への関与等に重点を置いて判断します。
最終的には子の育成にどれだけ適した環境を用意できるかを重視して判定するのです。
ハイテクが日常生活に浸透している現代では、GPSの衛星測位システムを使って浮気を発見できるようになったのは有難いことです。
気になる相手にGPS機能搭載のスマホを持たせることができれば、誰でも簡単に、かなりの精度で今いる位置がわかるのです。
マナー的にはともかく、法律に触れることもないため、誰にも知られずに自分だけで浮気を見つけるときには、GPSを使えば便利だと思います。
旦那さんの不倫って奥さんにも原因がある気がします。
気をつけるべきなのは、自分にとって大事な人のことを、けして否定しないことです。
相手に望むことがあっても、我の強い妻と思われないよう、相手の気持ちを傷つけたり言い合いになるようなことは言いません。それに、収入や家計の責任を相手だけに押し付ける発言をしないことです。
家のために働いてくれている男性の気持ちを考え、外見にも気を遣い、女としてみて貰えるよう行動にも気をつけると、恋人気分が長続きして、ほかの女性に癒しを求めることもないだろうと思うのです。
私の母もこういうタイプでしたから、親譲りですね。不倫の行動追跡調査で、尾行や聞き込みなどの調査によって得た情報をクライアントに報告する探偵業というのは法律に抵触しないのかと心配する方もいるようです。
探偵業法という法律のおかげで業者や調査員個人の法意識は高いので、心配はご無用です。
2000年代中頃にこの法律が制定される前は、興信所や探偵といった調査業者への明確な規制がなく、悪徳業者による詐欺行為や不当な請求といった被害から個人を保護するために策定され、現在に至ります。子供も大きくなったのでパートを始めたところ、仕事を教えてくれた社員の方(既婚)に誘われ、浮気してしまいました。子育てが落ち着くまではと、主婦ぼけしてた私の甘さもあるのですが、挙動があやしいと、夫なりにすぐピンとくるものがあったらしく、むこうの奥さんと話をして「やっぱり」ということになって、両家ともに離婚。そして双方が慰謝料を請求される事態になりました。里帰りや同窓会など、再会のシーズンは要注意。
禁断の恋に陥るケースが多いことが知られています。なんとなく憧れていた異性と打ち解けて話せたり、同じ学校で席を並べていたという気易さから異性であることをあまり意識しないため、やすらぎ感が好意に変わりやすいのだそうです。
クラス会や同窓会後に配偶者が不審な行動をするようになったら、不倫か、その一歩手前にいるのかもしれません。興信所に不倫の追跡調査を依頼した際、オプション料金が発生することがあります。
契約書を見てみると、まともな会社であれば、オプション付加条件や料金テーブルが書かれています。
このことからも、契約書をよく確認することは欠かせないのです。説明を聞いてもわからなかったりしたら、きちんと契約前に確認しておくのも大事です。
世間では男の浮気に泣く女性というイメージが強いですが、女性も浮気しますよね。
町内会や仕事先。
子供や自分の習い事。
人妻だって出掛けるシーンは数多く存在し、浮気がバレてみれば双方既婚者というのも多いように、既婚女性の浮気なんて珍しくもないのでしょう。ドラマ等にも後押しされて女性の浮気も増加傾向にあり、旦那様側が探偵に相談するケースも増えているようです。探偵に調査を依頼するときには、標準的な料金というものを知らないと、高い価格に悪徳業者だと誤解しかねません。1時間1万円からと見積もっておく必要がありますから、安いものではありません。仮に尾行の日数を増やそうものなら、費用はかさむので、支払い可能な金額を超えないように気をつけましょう。
自分と調査相手の情報を伝えなければ、探偵に不倫調査を頼むことはできないので、少しでも良い会社を探したいと思うのは当然です。安くて良かったからと依頼したらスタッフがアルバイトで、未熟な調査能力のせいで満足のいく結果が出なかったり、金銭トラブルを招くおそれがあります。困ったことにならないためにも、利用者のクチコミ等をチェックして誠実そうなところを選ぶことです。
想像がつくかもしれませんが、探偵業で依頼される調査のほぼ8割は、身内の方による浮気調査です。
とりあえず、調査員がどのように浮気調査を行っているのかをご説明しましょう。調査方法の基本としては、依頼者から得た情報を元に相手を追うことから始まります。対象に気づかれては元も子もないので、浮気しそうな日を絞って浮気の裏付けをとります。
一番明らかな証拠は写真ですね。
配偶者に浮気をしていることがバレたときは、必ずというわけではありませんが、慰謝料が発生すると思っていいでしょう。相手がきちんとした裏付けをとっていれば、本当に潔白でもない限り、逃れることはできません。慰謝料として要求される金額は、引越代(60万程度)からその10倍くらいまでと千差万別です。支払いが無理そうなら、分割期間の変更や減額を頼んでみることはできます。
結果、条件変更してもらえた人もいるようですよ。
近年SNSの利用者が急増しているせいか、そこでポロリと不倫が発覚した場合も増えているのです。配偶者がスマホにロックをかけるようになったり、SNSをしょっちゅう更新していたら、浮気相手と連絡をとっていると考えてもおかしくはないでしょう。
SNSに関わる相手の態度というのは、不倫の有無を判断する好材料とも言えます。お互い結婚している者同士の場合、不倫をやめる契機になるのは、パートナーとの間に子供ができたり、あるいは欲しがられたからというのが少なくありません。裏切っていることに対してあらためて心苦しく感じたり、浮気相手との不毛な駆け引きに嫌気がさしてきたりするようです。
それと例えば、転勤とか家族都合で会う時間がとりにくくなったりすると、やましい気持ちもあってか、精算したいという気持ちになるようです。